FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1人ひとりの自覚した行動

5月に入っても、いっこうに気温が上がらず、朝晩ストーブを使用し炬燵がはずせません。しかし、野山は若い青葉が美しくとてもすがすがしい気分になります。
昨年から何度も雪や霜に覆われながらも、しっかり耐え抜いたパンジーが見事に美しく咲いています。人間も辛くても耐え忍ぶ努力が大切であることを教えてくれているようです。
連休前に、役員・支部長合同会議を開催しました。いよいよ追い込みの時期に入るに当たり、各地区での施設訪問状況を知り、さらに地区として支部長達が協力しながらどのように取り組むかを話し合いました。
また、支部青年部委員の役割を伝え、その任を果たせるようにしなければならないことなど、支部長のリーダーシップはとても重要です。
県青年部委員も支部青年部委員との交流を図るには、各地区での交流会が必要であると認識しています。会員一人ひとりが自覚した行動がとれるようにもっていきたいと強く思う今日です。
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。