FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央研修に臨んで

12日~13日に、自民党福島県連女性部の中央研修が自民党本部で開催されました。総勢120名の参加でした。自民党県連女性部長の桜田葉子県議会議員のお誘いを受け、看護連盟から3人で参加しました。
茂木敏充衆議院議員の研修では、自民党と民主党の違いということで、笑いをさそう話し方で大変楽しく聴講しました。その他、親学推進協会専務理事の大森弘さんからは、親学の基本的な考え方を教えていただきました。親が変われば子供は変わる、‟人は受け入れてくれたと感じた時から変わり始める”という言葉が印象に残りました。途中で、石破茂幹事長さんのご挨拶があり、その後に島尻安伊子参議院議員の児童虐待ゼロを目指してと題して講演がありました。年々、虐待が増加していることに驚きました。参加者からは子供の虐待だけでなく、高齢者の虐待も多いので、対策を依頼する意見がありました。17:00からは、福島県出身の国会議員さんや高階恵美子参議院議員との懇親会がありました。やはり、高階議員にお会いで来て大変うれしく思いました。相変わらず凛として人を魅了するオーラを感じました。阿部俊子衆議院議員は公務によりご出席できず残念でした。
途中で、安倍晋三総裁のご挨拶と記念撮影がありましたが、まるでテレビのタレントを迎えるような騒然とした雰囲気となり、大変楽しく記念すべき一日となりました。参加した女性部の皆様は、私たちと変わらない年代の方が多いのですが、看護職と違い本当に元気で社交的でパワーがあると感心しました。
翌日は、靖国神社と明治神宮を参拝して帰ってきました。大変充実した研修に参加でき、勉強になりました。
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。