FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統ある火祭り

1年は早いもので、わが地元須賀川市では、11月10日の夜、日本3大火祭りと言われる「松明あかし」が行われます。
今から420年前、伊達正宗が会津黒川城(若松城)を滅ぼし、それに引き続き須賀川城を攻撃したのです。須賀川城主は二階堂盛義の後室大乗院で正宗の伯母でしたが、二階堂家の菩提寺(長録寺)に火を放されて、町中が火の海になり、須賀川城は落城したのです。その戦いで「松明あかし」は討ち死にした多くの人々の鎮魂のために行われるようになったのです。大松明や武者仕掛や城仕掛松明など、明々と燃えて夜空が火の海となり、その下では、松明太鼓が火の勢いと共に鳴り響き、非常に迫力ある光景です。是非一度は皆様にご覧いただきたいですね。
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。