スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こらっせ福島県へ

今日は八十八夜で立春の日から八十八日目で、農家では田畑の種まきが始まるといわれています。野山の木々の芽が膨らみいよいよ夏に向かいます。5月の連休にドライブすると、農家の方が働いている姿を目にし、申し訳ない気持ちになります。
放射線の影響も減少し、おいしい野菜や果実が楽しみとなります。また、福島県内の風光明媚な観光が楽しめます。
先日、福島県旅館ホテル組合関係者からホテルの利用者はまだまだ減少傾向にあることを知らされました。
方言で「福島県にこらっせ」とは、「福島県にいらっしゃい」という意味です。
風評被害はなかなか根強いものがあり、大変厳しいですが是非、全国の皆様福島県の美しい景色と温泉で癒され、そしておいしい山菜などご堪能いただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。