スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい悲鳴のセミナー

1月25日(土)の午後に、看護管理者・看護教育者セミナーを開催しました。
 講演に先立ち、御挨拶として講師の日本看護連盟副会長、大原綜合病院の人材開発部長の佐藤エキ子先生に、看護連盟の思いや看護協会と一緒に歩む必要性をお話していただきました。
 セミナーのテーマは「人材育成について」であり、内容は佐藤エキ子先生にご講演をいただき、その後、県内3人によるシンポジウムを行いました。
 看護学校で学生を教育する立場から、臨床で新人や継続教育をする立場から、そして看護管理者の立場から、各々の現場で取り組んでいる状況や熱い思いなどを伝えていただきました。
 予想を超える158名の参加があり、会場が狭いためうれしい悲鳴となり、大変心配しました。出席者の皆様には不自由な中でのセミナーでした。
 しかし、講師のお話は非常にわかりやすく、たくさんの示唆をいただき、シンポジスとの楽しいパワーあふれる話し方と、前向きな取り組みに、参加者には満足いただけたようです。第2段も企画してほしいという要望もありました。
「人材育成」は看護管理者や看護教育者にとっては、非常に重要な役割であり、またいろいろな課題のあるテーマで、関心が高かったと思います。
それにしても、大盛況に終了出来ましたこと、うれしく思います。
スポンサーサイト
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。