スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「故 見籐隆子先生を偲ぶ会」に参加して

4月17日に「故 見籐隆子先生を偲ぶ会」が、東京プリンスホテルで開催されました。見籐先生に深い関わりのあった方、また見籐先生をよくご存知の看護協会、看護連盟の皆様380名が参加しました。そして美智子皇后様のご臨席を賜り、大変厳かな雰囲気の中で執り行われました。坂本すが日本看護協会長が先に見籐先生の看護界の飛躍にかける情熱と活動のご紹介があり見籐先生の偉大さを改めて認識することができました。また、清水嘉与子日本会看護連盟会長のお別れのご挨拶では、見籐先生ご自身の生き方や在りし日のお姿が忍ばれ、感動で涙があふれました。
私が見籐先生の印象を強く意識したことと言いますと、日本看護協会の通常総会のとき、会場から見籐先生がご発言なされたことです。「私が看護協会長を辞める時、看護団体の政治力のなさを感じた」、また、平成20年の総会では「看護職が専門職というならば、困っている人にこういうことができますよ。と言えなければならない。」と看護の専門性を追求したご意見は、その当時身震いするほど感動したことが思い出されます。見籐先生の安らかなご冥福をお祈り申し上げます。そしてこの度、「故見籐隆子先生を偲ぶ会」に参加できたことに幸せを感じております。

スポンサーサイト
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。