fc2ブログ

 亡き娘に合格証書

とても感動的なニュースがありました。
4月20日の産経新聞に“天国の娘「生きた証し」”という見出しで掲載された記事がありました。
実は、宮城県看護連盟仙石病院支部長(看護部長)の尾形さんの娘さんが津波で亡くなっています。尾形さんは勤務中で助かりましたが、娘さんの他にご主人とご長男も亡くされておられます。
尾形さんは、2月の看護師国家試験に合格している娘さんの生きた証しとして是非免許のコピーでもいいからいただけないかと、慰問に行っていた日本看護連盟石田幹事長にお願いしたそうです。
石田幹事長は、是非母親の願いを叶えてあげたいという思いを強くし、さっそくあべ俊子議員にお願いをしました。
通常は、免許証の申請は本人でなければなりませんが、あべ俊子議員は厚生労働大臣に直接お願いした結果、特別な合格証書が厚生労働省の医政局長が出向いてご本人に渡されたそうです。
娘さんの生きた証がほしいという母親の願いを叶うことができたのも、石田幹事長はじめあべ俊子議員のご尽力です。このニュースに感動するとともにやはり私達の代表議員の存在は大変大きな力になっていることが改めておわかりいただけるのではないでしょうか。
プロフィール
福島県看護連盟 会長
本内 敦子
〒963-8871
福島県郡山市本町一丁目19番8号
生天目ビル1階
TEL 024-973-8819
FAX 024-973-8829
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム